審美歯科

審美歯科について

こんなお悩みはありませんか?

  • 綺麗な歯を手に入れたい
  • 銀歯が目立つのが気になる
  • 被せ物・詰め物が変色して気になる
  • 自分の歯を綺麗に整えたい

審美歯科とは

治療後の見た目の違和感をなくしたい方に。
詰め物や被せ物を、身体により安全な素材のものにすることで、口もとを気にすることなく日常をお過ごしいただけます。見た目と機能の両面で安心できる治療はお任せください。

金属アレルギーと審美歯科の関係性

詰め物や被せ物の材料として使われることの多い「銀歯」。最近では見た目の問題だけではなく、金属アレルギーのリスクも明らかになってきました。皮膚のかゆみ・肌荒れ・手足の水泡などわかりやすい症状だけではなく、頭痛やめまいにも関係してくるのが厄介な点です。お口の中に銀歯があって、不調の原因が突き止められない場合は一度当院までご相談ください。

審美歯科で取り扱う素材

メタルボンド

メタルボンドは、内側に金属フレーム、外側にセラミックを焼き付けた補綴物です。そのため、強度がありつつ審美性にも優れています。奥歯やブリッジの治療にも適用可能です。ただし、色調や透明感はオールセラミックに劣ります。

Merit

  • 天然歯の色合いに近づけられる
  • 優れた耐久性を持っている

Demerit

  • 裏側が金属なので金属アレルギーのリスクがある

オールセラミック

セラミックだけを使用した補綴物なので、色調や透明感が天然歯に近いのがメリットです。また金属を使用しないため、金属アレルギーのリスクもありません。ただし、症例によっては適用できないケースもあります。

Merit

  • 金属アレルギーの心配がない
  • 口腔環境を清潔に保てます

Demerit

  • 歯を削る量が増える可能性がある
  • 保険適用外のため、自費による診療となる

ラミネートべニア

ラミネートべニアとは、歯が変色している場合や歯の表側だけにむし歯がある場合などに、歯の表面を薄く削ってセラミックの薄い人工歯を貼り付ける治療法です。

Merit

  • 歯並びや歯の形を修正できる
  • 神経に影響が少ない

Demerit

  • 割れたり、剥がれてしまうことがある

e.max

透明度・耐久性に優れています。
強度的には、天然歯と同程度の強度なので、噛むときに当たる歯などへ負担をかけず、より自然な口内環境を維持することができます。

Merit

  • 審美性に優れている
  • 時間が経っても変色が少ない

Demerit

  • 強い咬合力がかかるブリッジや大臼歯(奥歯)には適さない

料金案内

メタルボンド(ベニア・フルベーク) ¥99,000(税込)
オールセラミック ¥110,000(税込)
ラミネートベニア ¥88,000(税込)
インレー(e-MAX) ¥44,000(税込)

※その他はご相談ください

よくある質問

審美歯科ってなんですか?
「歯をもっと白く美しくしたい」「歯並びを整えて、口元のコンプレックスを解消したい」などの患者様のお悩みにお応えできる診療科目です。保険治療は素材や治療法が制限されています。一方で自由診療である審美歯科ならば、歯の美しさと機能性を両方追求できます。
治療期間中、歯のない期間がありますか?
歯を削ったり、以前あった被せ物を外したりした後は、新しい補綴物ができるまで仮の歯を入れるのが一般的です。また、状況によっては仮歯をもとに最終的な歯の形態を決めることもあります。仮歯を利用していても、生活に支障を来すことはほとんどありません。
銀歯を目立たなくする方法はありますか?
天然歯に近いセラミックに変える選択肢があります。また詰め物や被せ物を外した後にむし歯が見つかることもあるので、銀歯が気になる方はお気軽にご相談ください。

ダイレクトボンディング

こんなお悩みはありませんか?

  • 前歯が欠けてしまった
  • 前歯の隙間が気になる
  • 詰め物が変色してしまった
  • 金属の詰め物を白くしたい

ダイレクトボンディングについて

ダイレクトボンディングは削る量を最小限に抑えて、白い素材を充填する方法です。「健康な歯質を削る量が抑えられる」「複数の色を組み合わせて天然歯のような色合いにできる」「型取りをする必要がないので来院回数を抑えられる」などのメリットがあります。

ダイレクトボンディングの適用範囲

むし歯治療痕を修復する

ハイブリッドセラミックは、オールセラミックに比べると審美性や耐久性が大きく劣るという状況がありました。しかし、ペースト状のハイブリッドセラミックが開発されたことで、削る量を抑えつつ、しなやかさを確保したダイレクトボンディング修復が可能になりました。

前歯の隙間をなくす(すきっ歯)

歯と歯の間が広く開いている状態を「すきっ歯」と呼びます。すきっ歯の治療法としては、ラミネートべニアが有名ですが、歯を削らなければならないというデメリットがあります。
ダイレクトボンディングなら、歯を削ること無く、形状を変えることができるのがメリットです。

歯の形を整える

患者様の中には、歯の大きさが不揃いなことでコンプレックスを感じている方もいらっしゃいます。その際にダイレクトボンディングなら、ハイブリッドセラミックを盛ることで審美性を確保することが可能です。また歯ぎしりや食いしばりなどで、歯がすり減っている場合にも対応できます。

歯の色を改善

通常のプラスチックレジンは時間が経過すると黄色く変色する場合があります。その場合は、レジンを取り除いた後、ハイブリットセラミックを塗り重ねることで色調を改善することが可能です。

ダイレクトボンディングの
メリット・デメリット

Merit

  • 健康な歯を削らない
  • 歯の形を修正できる

Demerit

  • ドクターの方針や技術に左右される
  • 嚙み合わせによって取れたり外れたりする

料金案内

ダイレクトボンディング 保険に準ずる

よくある質問

高齢者でもダイレクトボンディングでの治療は行えますか?
ダイレクトボンディングの治療に年齢的な制限はありません。
高齢の方でも、歯の色や形にお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
歯周病ですが、ダイレクトボンディングでの治療は行えますか?
歯周病の進行状態によっては、先に歯周病の治療が必要です。ある程度回復してから、ダイレクトボンディングが適応かどうか判断することになります。
ダイレクトボンディングで歯を大きくできますか?
1本だけ歯が小さかったり、歯と歯の間にすき間ができたりしている方はダイレクトボンディングで適用できる場合があります。ただ患者様によってがダイレクトボンディングが難しいケースもあるため、詳しく検査した後に、治療計画を作成します。
TELお問い合わせPAGE TOP