インプラント

こんなお悩みはありませんか?

  • 歯が抜け落ちてしまった
  • 入れ歯があると食事が美味しくない
  • 今ある自分の歯を残したい
  • 歯が抜けたまま放置している

インプラントについて

失った歯の代わりに人工の歯を埋め込むインプラント治療。
人工歯根を顎の骨に埋め込んだうえで人工の歯を装着し、外観面・機能面とも復元度の高い治療法となります。

インプラントの仕組み

歯を失った、もしくは抜歯した箇所にテクスチャーと呼ばれるチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を被せる治療法です。顎の骨にインプラント体が結合するので、天然歯に近い見た目と噛み心地を実現します。「ずれない」「抜けない」補綴物をご希望の方に好評をいただいております。

インプラント治療には歯科用CTがとても大切です

歯科医院でよく利用されるレントゲンは、三次元的な構造は把握できません。そのため、親知らずやインプラントなどの治療においては、安全性に問題があります。
そこで当院ではCTを導入しています。CT撮影ならば、顎の骨・神経や血管の位置などを三次元的に把握できるのがメリットです。ヒアリングと検査を行った後、インプラント治療が可能かどうかをお伝えいたします。

インプラントと
その他治療法との比較

インプラント 入れ歯
保険適用 なし あり
メリット •自前の歯のように自然に利用できる
•自前の歯の8割程度まで噛む力を回復させられるため、堅い物を噛みやすい
•隣り合う歯を削らずに済む
•よく噛みしめられるため、歯や全身の健康にも好影響を与えられる
•使用する材料に制限はあるものの、保険適用ができる
•バネで固定するケースがあるものの、歯を削る必要がなく無傷のまま残せる
•取り外しが可能であり、お手入れが簡単になる
デメリット •インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要
•何らかの疾患により治療ができない場合がある
•歯科医によるケアと指導を定期的に受ける必要がある
•セルフケアを入念に行わなければならない
•固定するため、バネ式よりも歯に負担がかかる
•噛む力が平常時と比べて3~4割程度落ちる
•お手入れを頻繁に行わなければならない
•口の中に違和感が生まれやすく、ガタつきやすい
•不衛生になることが多い

料金案内

フィクスチャー ¥165,000(税込)
上部構造 ¥110,000(税込)

よくある質問

インプラント治療に年齢制限はありますか?
インプラント治療にあたって、健康上に問題がない場合は基本的に20~70歳の方を対象に治療を承っております。
20歳以下の方は、顎の成長が完成していないため適応となりません。あらかじめご了承ください。なお、70歳以上の方でも、持病がない場合は適応となる場合もあります。まずはお気軽にご相談ください。
インプラント治療が受けられないことはありますか?
もちろんございます。健康状態に問題がある方、口腔清掃状態が悪い方、インプラント手術後に定期的にメンテナンスに通えない方は、インプラント治療をお断りする場合があります。
ただし、原因を改善できれば、インプラント治療が可能になることもございます。
インプラント手術に痛みや腫れはありますか?
インプラント手術中は、麻酔をするため痛みはほとんど感じません。ただし、本数が多い場合や、骨を増やす処置を行った場合は、術後に痛みや腫れが数日続くことがあります。鎮痛剤を処方いたしますので、ご安心ください。
TELお問い合わせPAGE TOP