ブログ

マスクの中が・・・

その他

マスクが生活の必需品となった今、マスクの中の臭いが気になったことはありませんか?

マスクの中は高温多湿になってしまい雑菌が繁殖しやすい環境になります。

口臭のほとんどは、口腔内の細菌がタンパク質を材料にガスを作り出したものであります。

そのガスが硫化水素やメチルメルカプタンで、表現するなら硫化水素は卵が腐ったような臭いで、メチルメルカプタンは玉ねぎが腐ったような臭いだそうです。

歯周病で強くなる口臭はメチルメルカプタンでありまして、歯周病が重度になれば歯周ポケット内に潜んでいた細菌が、唾液や舌苔、頬粘膜にも増えていきます。

もちろん歯周病治療をおこなうことで口臭は減少していきますが、歯周病の有無に関わらず、舌苔の除去を行うことは口臭対策になります。

当医院ではW−1舌ブラシをお勧めしています。

表面が柔らかく舌を傷つけにくく、舌の形状にフィットしやすく作られています。

ブラシが乾きやすく工夫されているので、雑菌もたまりにくいそうです。

私は舌磨きをすると『オエー。』って気持ち悪くなりやすいのですが、このブラシは柔らかくて気持ち良く使えます。

 

あと口臭対策には含嗽剤も効果的です。

殺菌力に優れたLIONのSPTガーグルがお勧めです。

ぜひ一度、試してみてください✳︎

TELお問い合わせWeb予約