ブログ

歯科食育

その他

健康寿命を延ばすために重要なのが『予防医療』その根本は正しい食生活からです。

私は以前に歯科食育士のセミナーを受講して資格を取得しています。

歯科食育士の役割は、患者さんの口腔状態に合わせて食育を伝え、指導・サポートしていくことです。

歯科医院で食事指導?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、口腔内の状態は食生活で変わります。

糖分を摂りすぎると歯肉は腫れます。健康な歯や骨を作るにはカルシウムやビタミンなどのミネラル、たんぱく質が必要不可欠です。

近年、『新型栄養失調』という言葉を耳にするようになりました。

新型栄養失調とは、摂取カロリーは足りているのにたんぱく質やビタミン、ミネラルといった栄養素が不足している状態を指します。

日本人に不足しがちな栄養素として、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、食物繊維などが挙げられます。これらは、ほとんどが健康な歯を作るために必要な栄養素です。

日頃の食生活を見直してみませんか?

3日間の食事記録を書いてみるだけで気づけることがあります。

『食を変えれば、虫歯も歯周病も治る』と言っても過言ではないのでしょうか( ´ ▽ ` )ノ

TELお問い合わせWeb予約